バックナンバー

最新の記事

過去の記事

記事を検索する

他のよみものコンテンツ

携帯から読む

qrcode

子育て裏技コラム

【vol44】空間能力のUPは上を見る


以前ヒットした本に「地図が読めない女」という言葉がありました。
同時に、「話を聞かない男」という言葉がついていましたが、今回は「地図の読める男の子・女の子の育て方」の裏技!!

それは空間、今いる場所の上や下や右や左を見渡すクセをつけることなんです。
タ問えば、スーパーマーケットにお買い物に着ました。

女の人が平均的によくする行動を見ると、


1.まず真っすぐ買い物かごを取りに行く
2.カートにカゴを乗せ、さっさと動き出す
3.順路に従って目線の高さのまま右(左)から左(右)へ順々に商品を見て行く

・・・というように、ひとつひとつの動作を目線の高さでサッサとこなしていくのが女性に多いパターンなのです。
実はこれは、巨大迷路の中で壁に沿って進んで行くスタイルなのですが、このスタイルで歩いていると、巨大迷路をイメージして「だいたい右奥がゴールだな」「そして今いる場所はこのへんだな」という空間イメージは絶対に生まれません。
これが地図がイメージできない理由なのです。

そこで、次の3点を注意してみてください!
 

1.道を歩くとき高いところを見る

例えば山。
どっちに山があって、ということを気付かせる。
それは大きな建物やテレビ塔のようなものでもOK!
木を見上げて枝の張り具合を見るだけでもいいので、してみてください。

2.デパートの中で上に設置してあるサインを見る

デパートの中にはトイレの矢印や非常口などのサインが設置されています。
どっちへ行けばエスカレーターがあるか、子どもに聞いてみるのもいいでしょう。

3.東西/南北/上下/左右という位置関係のコトバをきちんと使う

これは重要です。
幼児期からこのようなコトバをきちんと使って、太陽や星の話をしてあげてください。
外出して帰り道、その道筋を子どもに言わせてみるのもおもしろいかも。

ワイヤーママ2007年11月号掲載

【vol43】コミュニケーションの取り方---これが裏技(2)

前回、子どもとの上手なコミュニケーションの取り方には、大きくわけて2つのポイントがあるとお話しました。
「目線」のポイントtと「言葉かけ」のポイントです。
前回は「目線のポイント」をお話ししたので、今回は「言葉かけ」のポイントを3点紹介します。
 

1.ことばをかけるとき、表情や声のトーンをつける

実は人と人とが話をするとき、この表情というのは大事なファクターなのです。
楽しそうに、ニコニコしながら、少し声のトーンを上げてお話してください。この表情ひとつが会話を楽しくさせるポイントなのです。
表情がいいと必ず、会話のやり取りが楽しくなります。

2.子どもの「どうして」「なんで」に反応してあげる

3〜5歳頃、子どもはなんでも「どうして」「なんで」と聞きたがります。
でも、この質問にうまく答えられません。
「どうして動くの?」「なんで小さいの?・・・こう言われても、どうしてかきちんと答えられない方が多いのです。
でもこの質問期にきちんと反応してあげることがポイント。
面倒くさいけど、「きっとこう思う」という解答を返してあげてください。(正解よりも、反応を求めているのが子どもなんです)

3.わかりやすい言葉を発達に合わせて使う

最初は「ブーブー」の赤ちゃん言葉だったものが、「くるま」になり「自動車」になり、いずれは「トヨタ」とか「マークX」へと発達するのがコトバです。
年齢や発達に合わせて言葉も進化すると考えて下さい。
いつまでも赤ちゃん言葉ではいけません。
「おてて」から「手」へ。
そして「手のひら、手の甲」「人差し指」へと言葉も進化させてください。

ワイヤーママ2007年10月号掲載

【vol42】コミュニケーションの取り方---これが裏技(1)

育児して親子関係の基本となるのが、コミュニケーション。
これが「うまくとれる」のと「とれない」のでは大違い。
うまくコミュニケーションがとれると双方向での会話が成り立ち、育児にも余裕が持てます。
そこで、コミュニケーションの上手な取り方の裏技を紹介。
これには、大きく分けて2つのポイントがあり、それは「目線」のポイントと「言葉かけ」のポイントなのです。
そこで今回は「目線」のポイントを3点ご紹介します。
 

1.目と目を合わせる、その時ほほえむ

授乳の時、目と目を合わせます。
その時の要領を思い出して下さい。
子どもが大きくなるにつれ、動きが速くなり、授乳の時のようにゆっくり見つめ合う機会が少なくなります。
それでもコミュニケーションの第一歩が目と目を合わせること。
そして、その時ちょっとだけほほえんでください。
でも決して大げさにしないでね。
それから、5秒以上じっとみつめないでください。
あまり長く目を見ると、むしろ威圧的になってしまいます。

2.親が子どもの目線に時々下がってあげる

目線が合って、何かコミュニケーションを取ろうとした時、時々でいいので、親がしゃがんでください。
こうした時、初めて目線の高さが一致するのです。
ついつい立ったままだと、どうしても上からの高圧的なコミュニケーションの取り方になってしまいます。
しゃがんであげることで、「聞いて上げるよ」という態度になります。

3.視線を共有した時、言葉を出す

今度は親子の視線が同じに行った時の反応です。
何かを一緒に見た時、必ずそれを「言葉」にしてあげてください。
「あっ、つばめ」「お月さん」「たんぽぽ」「救急車」・・・食べ物でもなんでも構いません。このとき「言葉」を使ってあげると、その子が大きくなっていく過程で人とのコミュニケーションが上手に取れる子になっていきますよ。

ワイヤーママ2007年9月号掲載

【vol41】何かをしない時「どっちがいい?」と聞いてみる

子どもに何かをして欲しいとき、「イヤだ!」と言って聞いてくれない時に有効な裏技です。
何か2つの物を用意して(言葉でも構いません)、「どっちがいい?」と聞いてみてください。子どもは自分が選択したことは、意外と素直に実行してくれるものなのです。

よくあるケースとしては、パンツや靴下をはいてくれない時、
「パンツをはきなさい!」「どうしてはかないの!」「どのパンツならいいの!」
・・・こんな会話をする前に、目の前に2つのパンツを見せ「どっちがいい?」「どっちをはくの?」と聞いてみて下さい。
必ず子どもはどっちかを選びます。
そして、選んだこと、つまり自分が決定したことは素直になり、パンツをはいてくれるはずです。

その他にも、歯磨きをしてくれない時、歯磨き粉を2つ用意しておいて、「今日の歯磨き粉はイチゴ味、それともバニラ味、どっち?」と聞いてみるのもOKです。
もちろん、歯ブラシを2つ用意して、それを選択させるのも有効な手段です。このように、この裏技はいろんな場面でも応用が効くんですよ。

子どもは小さいうち、たくさんの選択肢の中から選ぶことが苦手です。
頭の中での整理作業に時間がかかるだけです。
例えば昼ごはん!!
「何が食べたいの」と聞いてすぐに答えられるのは大人だけ。
子どもに聞けば「わからない」と答えるケースが圧倒的に多いはずです。
(もしくは、覚えているひとつの食べ物ばかりを言ってしまう)。
そんな時は「どっちがいい?」という聞き方をしてください。
「今日はおにぎりにする、それともサンドイッチ?どっちがいい?と聞くと、必ずどちらかを選んでくれますよ。

勉強の時にも応用!
「勉強しなさい!」というよりも「今日は計算ドリルをする?それとも感じの練習?どっちにする?」と聞いてね。
 
ワイヤーママ2007年8月号掲載

【vol40】テレビ・ビデオにカーテンをつける

今回の裏技は、テレビやビデオを勝手にいつまでも・何回も見させない方法。
とっても簡単!
テレビやビデオの前にカーテン風の布をたらすだけです!!
ハンカチやタオルをテープで止めてもいいし、いらなくなったTシャツを上からかぶせるだけでもOK。

年中さんぐらいになると、勝手に布を取ってテレビやビデオを見てしまうと思いますが、小さい頃は布で隠されるとそこに「テレビやビデオがない」と思ってしまうものです。
これで勝手にスイッチポンでテレビを見続けることがなくなります。
テレビを終わりにしたい時は、「はい終わり」と言って、スイッチを消すと同時にカーテンを閉めて下さい。それが終わりのしるしになります。

またテレビ番組などについてですが、特に3歳頃まではNHK以外は見せないぐらいに、
テレビを親がコントロールしてあげてください。
テレビCMのようなテンポが早すぎて、音が大きく、
子どもの注意を惹き付ける力が強いものは見続けさせないでください。
近視になったり、注意散漫になる危険性があります。

みなさんは1997年のテレビのポケモン事件というのを覚えているでしょうか?
アニメ「ポケットモンスター」を見ていた子どもが、突然けいれん発作をお越し、気分が悪くなって、全国で700人の子どもが病院に運ばれたんです。
実はその原因は、アニメの1場面に1秒間に12回という早さで赤と青の点滅映像が流れたことだったんです。
そして、病院へ運び込まれた子どもの中でも、暗い部屋で一人で見ていて、テレビとの距離が1メートル以内の子どもが多かったんだそうです。
子どもにとってテレビは「見せ方次第」ということを知っておいて下さい。
 
ワイヤーママ2007年7月号掲載

【vol39】トイレのドアは閉めない方がいい

 「トイレのドアは閉めない方がいい」
...これは子どもが6ヶ月頃(寝返りやハイハイしはじめた頃)から2歳頃までの間だけです。
「よちよち立って歩けて、後追いが激しいとき」「お母さんの姿が見えなくなると泣くような時期」、
この頃は特にトイレのドアを閉めないで欲しいのです。

実は立って歩き始めて、後追いする頃というのは、母親が大好きであると同時に、
子どもにとっては母親は命の綱のような大切さなのです。
お母さんからすれば「もう1歳を超えているんだから、少しの時間だけ一人でいてよ」と思いトイレに行きます。そして戸をパタンと閉めます。

その時、実は子どもはこう思っているんです。

「お母さんは私を捨てて、ドアの向こうに行ってしまった。
 あのドアはお母さんを隠してしまうドアだ。
 それに、もしかしたらもう帰って来ないのかもしれない」

ここまで大げさでなくても、後追いしてくる頃の子どもにとって、お母さんは常に見えて欲しいものです。
ですからこの頃だけは、お母さん的には恥ずかしいのですが、トイレのドアは閉めないでください。
そして、その頃からオマルの練習も開始してみてください。
お母さんと一緒にドアを開けて便器の前にオマルを置いて、子どもと一緒のトイレタイムを作ってみてください。
これがオマルの練習のはじまりです。

お母さんが便器に座っている姿を真似して、初めて「自分もオマルに座ろう」と思えるのです。
そのためにも、トイレのドアはこの頃開けておき、決して不潔で汚いところじゃないんだということを見せて上げましょう。
トイレには花を置いたり、キャラクターの壁掛けでも飾り、楽しい雰囲気の演出をすると効果的です。

ワイヤーママ2007年6月号掲載

【vol38】順番を守らせる裏技

子どもは「順番を待つ」「順番に並ぶ」ということがなかなかできません。
もともと幼児期はわがままなもので、「自分が一番」と思っている年齢なので、やむを得ない面もあります。
しかし、4〜5歳になり「小学校にあがる前に順番を守ること」を親としては教えておきたい。
みんなが並んでいるのに、割り込んでいく我が子を見たら、思わず「しまった・・・」と思ってしまうもの。
では、なぜ子どもは順番を守れないのでしょうか?
実は「順番」の意味がよく理解できないからです。
 

そこで裏技、はっきりこう言ってください!

「順番」に並びなさい。
「順番」というのは「一番うしろに並ぶことです。」

子どもは「順番とは列の一番うしろに並ぶこと」ということがなかなか理解できないのです。
例えば、列車を待つ時に並んでいたとします。
しかし子どもは、「順々に並んでいって、縦長になっているんだ」という時間の経過が理解できません。つまり順序数という順番の概念と時間の概念が、まだわかっていないのです。
そのため、子どもにとっては列の先頭に行っても、列の真ん中に入っても、「その列の一員になれた」つもりなんです。
そんな時にはやはり言葉が大切。
「順番」という子どもには意味不明の言葉よりも、
よりわかりやすい「一番うしろに並びなさい」という言葉を使ってみて下さい。

ワイヤーママ2007年5月号掲載

【vol37】お風呂遊びはやっぱりペットボトルが一番!

子どもはお風呂の中で遊ぶのが大好き!
もちろんtかるだけでも温かくって気持ちいいし、顔を見合わせながら話をしたり、数をかぞえたりと、いろんなことで遊ぶことができます。
でもやっぱりお風呂遊びはペットボトルを利用するのが一番。
今回は以前紹介したペットボトル遊びの第2弾です。
 

今回は「びっくり手袋とロケット」。
びっくり手袋は‘空気が暖まるとふくらむ’ことを利用します。
ペットボトルは1リットルぐらいの大きめのものがいいでしょう。
それと超薄手のビニール手袋1枚用意してください。
このビニール手袋をペットボトルのキャップをとって口にかぶせます。
そして輪ゴムで口のあたりをしっかりとくくればOK!!
これをお湯の中に鎮めると、手袋がムクムクと起き上がってきます。
ペットボトルを水で冷やせば何度でもムクムク・・・。
手袋にマジックでかわいい顔などを描いて遊んでみてください。

もうひとつは簡単。
ただ空気を入れて沈めて手を離すだけ!!
500mlのノーマルボトルのキャップを閉め、湯船に沈めます。
底についたら手を離します。
これも空気が暖まって少し膨張しているので、勢いよく上に上がってザブン!!
「さあロケット発射〜」と言って手を離してみて下さいね。
ワイヤーママ2007年4月号掲載

【vol36】「オシッコ」と言えるようになる裏技(2)

【第1段階】排泄したあと「シッコ」「ウンチ」という

【第2段階】出る前もしくは出ている最中に「シッコ」「ウンチ」という

【第3段階】出る前、トイレに行くまでがまんができて「シッコ」「ウンチ」と言える

この三段階がトイレトレーニングの完成なのですが、第1・第2段階があることを忘れて、この段階で怒ってしまうママさんが多いんです。
つまり、第1・第2段階の失敗が絶対必要なトレーニングなので、出してしまったあとに言えた時には「よく言えた」と褒めてあげてこそ次のステップにいけるのです。
事前にいえるようになるのは、「事後報告ができてから」だということを忘れないでください。そして「今度はオシッコやウンチがムズムズしてきたら‘シッコ’‘ウンチ’って言ってね。」と出る前のお知らせの意味を伝えてあげて欲しいんです。

とにかくトイレトレーニングだけは絶対あせらないこと!
膀胱の大きさも、我慢できると言いう意志の力も必ず体の成長が必要です。
「早く早く」と思わないで下さい。ただし、「いつまでも紙おむつ」というのはやめてください。
何しろ、今の紙オムツは非常によくできています。(高齢者でも使えるのですから)
使い続けてしまうと、なかなかオムツ離れができなくなりますよ。

ワイヤーママ2007年3月号掲載

【vol35】「オシッコ」と言えるようになる裏技(1)

排泄のしつけは育児の中でもお母さんを悩ますもののひとつ。
いつ頃オマルの練習を始めたらいいのか、いつパンツの練習をはじめたらいいのか・・・。
でも、トイレトレーニングをはじめてもなかなかうまくいかないのが現実。
ついつい「どうしてオシッコって言えないの!」と怒ってしまいがちに。
そこでトイレトレーニングの基本と裏技を紹介。
 

1.あまりはやくはじめない

少なくとも立って歩けるようになってからでOK。
1歳半頃から2歳ぐらいが目安でしょう。
(なにしろ1歳だとまだオシッコって言えないですから)

2.夏にはずれるとは限らない

夏におむつをはずす練習をする方が多いですが、すべての子が夏にはずれるわけではありません。
ただし、冬にパンツの練習をする時は必ずお母さんのセーターの中に少しだけパンツを入れてあたためて上げて下さい。
綿100%のパンツは夏は涼しくて気持ちいいですが、冬は少し冷たいもの。このとき、少しだけ人肌であたためてあげてください。こうするとあたたかさだけでなく、愛情も伝わります。
また、冬のトイレトレーニングは、オシッコをもらした後、すぐにパンツが冷たくなって気持ち悪くなるので「オシッコ」と言えることが多いものなんですよ。

3.オマルは寝起きに朝でも昼寝のあとでもすぐに1日1回座らせる

(1日に数回だとオマルに座ることを嫌がってしまいます)
まずオマルで排泄の気持ちよさだけを体感させてください。
だからもし、オマルでオシッコしてくれたら、その最中に「あ〜。気持ちいい」って言ってあげてくださいね。

4.3歳を超えて、オシッコが言えなくても怒らない

とにかく子どもは膀胱のサイズが小さく、オシッコを貯めておけません。
それに、まだ我慢もできません。
特に3歳前後はなんでも夢中になる時期。
ハッと気付いた時にはもうオシッコが出ている物です。
そんな時、お尻をパチリとは絶対しちゃダメですよ。

5.「オシッコ」と言えるようになる段階があることを認めてあげる

これが重要です。
一応2歳くらいから、昼間、パンツの練習を始めてみましょう。でも、おでかけや夜に寝るときはまだオムツで構いません。
そして、とにかくもらしても「シッコ」とか「チー」とか「ウー」と声が出たら必ず褒めること。なせかと「オシッコ」と言えるようになるには3つの段階があるからなんです!

 

ワイヤーママ2007年2月号掲載

| 1/5PAGES | >>