バックナンバー

最新の記事

過去の記事

記事を検索する

他のよみものコンテンツ

携帯から読む

qrcode

子育て裏技コラム

【vol34】子どもに「やる気」をおこさせる裏技

絵を描いた時、字を書いた時、ボールを投げた時、ジャンプした時、一輪車や自転車の練習をした時・・・。
どんな場面でも、「もう少しやる気を出してほしい」「もう1回チャレンジしてほしい」などと感じることがあります。
そんな時に効果的なのが【点数評価】。
具体的に言うと、何点でもいいので「70点」などと大きな声で言ってあげることです。

例えば、キャッチボールをします。
子どもがボールを投げてこちらがボールを受けた時に「70点!」と言うのです。
この時の点数は50点でも60点でもかまいませんが、
90点より上の数字は次々と大きくできないので、80点以下がいいでしょう。
投げる度に「60点」、「さっきより早かったから70点」、
「さっきよりももっともっと早かったから80点」と次々に点をつけてあげるのです。
もちろん、これはある程度、数字が分かる4歳より大きな子どもでないとおもしろくありません。
しかし、71と72の違いなど分からずとも「今のは大失敗だから0点」と言ったとしても、
子どもは自分のしたことに反応してくれてうれしものなのです。

もちろん、10までの数しか分からないときは「2点」「3点」でもOKです。
小さい頃は学校のペーパーテストの‘100点満点中○点’という感覚はありません。
ペーパーテストを知らない幼児期は、この点数表かはものすごくやる気を起こさせる裏技なんです。
(※逆に‘100点満点中○点’という感覚が身に付く小学生にこの点数評価は使えません。)
「何かよく分からないけど、きちんと僕のしたことに反応してくれた」という感覚なんです。
意外と幼児期の子どもは数字好きなんですよ。


 
ワイヤーママ2007年1月号掲載

【vol33】子どもに「ありがとう」を言わせる裏技

お店で自分の子に何かプレゼントを渡されたとき、親は子どもに向かって必ずこう言います・・・「ほら、ありがとうって言いなさい」。
つまり、何かもらってすぐ「ありがとう」という言葉が出ないということです。
道を歩いていて、落とし物をして、うしろの人が拾ってくれたとき、バスや待合室で席を譲ってもらった時などなど、
いろんな場面で「ありがとう」と自分から言える子どもに育てたいもの。
そこで「ありがとう」と言えるようになる裏技!
実はこれは裏技でもなんでもありません。
ズバリ、自分の子どもに何か渡されたとき、何かモノを取ってくれたとき、
親が我が子に何度も「ありがとう」ということです。

つまり、親が子どもにいう言葉の中にいっぱい「ありがとう」を使うのです。
子どもがパパのお箸やスプーンを取ってくれた時、
新聞を持って来てくれた時、
「これママにあげる」と言っておもちゃを渡された時、
ごはんをささっと食べてくれた時・・・。
そんな時には必ず「ありがとう」と言ってみて下さい。
親がこの言葉を頻繁に使うと、子どもも必ず使うようになります。
子どもが「ありがとう」と言わないということは、
親が子どもに「ありがとう」と言ってない証拠なんですよ。

それは「ごめんなさい」も同じ。
子育てはまず親のマネが基本。
お父さんやお母さんが子どもに「ありがとう」「ごめんなさい」を使って下さい。
子どもはたいへんだけど、その子が産まれてきてくれただけでも「ありがとう」で、
なかなかいい親になれなくて「ごめんなさい」が本当の姿なのではないでしょうか。
 
ワイヤーママ2006年12月号掲載

【vol32】子どもに上手に目薬をさす裏技

子どもに目薬を差すのは結構難しいもの。
子どもを寝かせて、目を指であけていても、何かが急に目の中に入ってきそうになると、子どもは反射的に体が拒否反応をし、ぎゅっと目をつむって、顔をそむけてしまいます。
それなら最初から目をつむっておいてもらいましょう。
子ども(赤ちゃんにも有効)をあおむけに寝かせます。
「はい、そのまま目をつぶっていてね」と言って、目頭のくぼみに目薬を1,2滴落とします。
このまま目をつぶっていては目薬は入りません。

そこで下まぶたを軽く‘アッカンベー’をするように下に動かすのです。
少し、下まぶたを動かすだけで、目薬がうまく目に入っていきます。
ここで大人も同じなのですが、すぐ目を開けないで下さい。
目を開けてパチパチするのもいいですが、
むしろ目をつぶったままで目をグルグルまわす方がより効果的なんですよ。


 
ワイヤーママ2006年11月号掲載

【vol31】おむつ替えが静かにできる裏技

1.仰向けになる前におもちゃをにぎらせる

赤ちゃんのオムツ替えはたいへん。
あお向けに寝かせただけでもうバタバタ・・・。
特に大便の時は暴れられたらこっちがパニックになってしまいます。
思わず、大きな声で「じっとしてて!」と言って、足をパチリとやってしまったり・・・。
そこでこんな裏技。
まずは【寝かせ方】。
子どもは1人であお向けに倒されるのが不安なのです。
そこでまず、手にオモチャを持たせます。気に入ったものでないとすぐ「ポイ!」と放り投げますので、オモチャの選択を子どもにさせます。
「カギとハンカチ」、「カードと小物入れ」という2つの物を見せて「どっちがいいの」というように差し出してみてください。
子どもでも自分で選んだものはすぐ放り投げません。
そして、あお向けにするのですが、この時に顔をくっつけながら、あお向けにするのがポイント。ホッペでも、ひたいでも、くっつけていると不思議と安心するものなのです。

 

2.おチンチンのあたりに息を吹きかける

さて、あお向けになりました。
すかさずズボンを降ろし、汚れたオムツをとります。
その時、息をフーっと吹きかけてみてください。
今まで暴れていた男の子も急にシュン・・・。
子どももオチンチンのあたりが少しひんやり気持よくなると、おとなしくなっていきます。
最後の裏技は、汚れを拭いてきれいになったら、さすってあげましょう。こうやってオムツ替えは気持よくなることを体感させてあげてください。

ワイヤーママ2006年10月号掲載

【vol30】こんなものが知育になる裏技〜パート3おままごと道具編

 7月号から続いている「こんなものが知育になる裏技」のパート3です。
やはり右の表の「幼児期のおもちゃベスト10」からピックアップ。
今回は第2位の‘おままごと道具’です。
‘おままごと’というと女の子のイメージが強いのですが、男の子も道具を使っていろんな用事教育に役立ててみましょう。

1.台所の道具で

台所の道具はこどもがもっとも好きな道具のひとつ。
こども用ナイフ・まな板・ボウル・オタマなど、古くなった台所道具をぜひ子ども用に名前を書いてプレゼントしてあげてください。
そして「〜ちゃん、今日は卵焼きをつくってね」などと言ってみて下さい。
一生懸命作るマネをしてくれますよ。

2.文房具で

文房具(紙・鉛筆・ハサミ・セロテープなど)もぜひ用意してあげて欲しい道具です。大人が使う物でもかまいません。
子ども専用のボックスに入れてプレゼントしてあげましょう。
書いたり、切ったり、貼ったりして、回転寿司屋さんなんかしてみたら、きっと大喜び!

ワイヤーママ2006年9月号掲載

【vol29】こんなものが知育になる裏技〜パート2車・ドライブ編

 先月号でも掲載したおもちゃメーカーにより「幼児期のおもちゃベスト10」の中で、1 位だったのが、‘乗って遊ぶ/三輪車’でした。
こどもにとっては、今も昔もクルマは大好きなアイテムということなのでしょう。
では、クルマやクルマに乗ってのドライブを知育教育に使いましょう。

1.クルマの名前覚え

「クルマ」という言葉が言えるようになったら、次は「カローラ」「ヴィッツ」「パッソ」「ステップワゴン」というように、車種の名前も教えてあげましょう。
「前のクルマはウチと同じ、イプサムだね:なんてすぐに言えるようになりますよ。
トヨタやホンダも合わせて教えてあげて!

2.今度は数字読み

前のクルマのナンバープレートを読む練習をしましょう。
「17-17」・・・「いち・なな・いち・なな」と読めば、数字の理解が早くなります。
小学校に入ったら、「この4つの数字の合計は?」と計算練習もしてください。

3.頭に地図を入れる

どこかへ買い物に行った帰り道、家までの道を子どもに言わせてみてください。ここを真っすぐ、その先を左、家までの道を描けるようになったら、地図の読めない男(女)と言われなくてすみますよ。
このとき「右・左」を教えると、左右がよくわかるようになります。

ワイヤーママ2006年8月号掲載

【vol28】こんなものが知育になる裏技〜パート1携帯電話編

右の表をご覧下さい。
これはあるおもちゃメーカーが実施した「幼児期のおもちゃベスト10」です。
昔とそう変化はないのですが、8位に携帯電話のおもちゃが入っているのは「今風」ですよね。
携帯電話が好きなら、これを知育玩具に返信させましょう。
こんな遊びが知的な能力を伸ばします。

 

1.お話ごっこ

「もしもし、吉田さんのお宅ですか?」
「ゆかちゃん(子どもの名前)はいらっしゃいますか?」
「今ゆかちゃんは何が好きですか?」
・・・こうやって、携帯電話を通じて、電話のお話ごっこをしましょう。
お父さんの名前を行って、「今、会社に行ってます」と言えたらたいしたものですよね。

 

2.日記ごっこ

幼稚園へ行くようになったら、
「昨日一日、幼稚園で何をしたか」「昨日の日曜日、家族で何をしてどこへ行ったか」を
お話してもらいましょう。
こんな過去のことを電話で時間を追いながらはなせたら、もう日記がかけるってことなんですよ。

ワイヤーママ2006年7月号掲載

【vol27】子どもに「あいうえお表」を読ませる裏技

子どもが幼稚園に行くようになると、どうしてもお母さんは子どもに‘あいうえお表’を読ませようとします。
書店で買ったものや雑誌の付録、お母さん自身が書いたものを使う方も多いと思います。
そして、それを壁に貼って子どもによませます。
「あいうえお・かきくけこ」と順番に読ませる人もいれば、ズバリ「これはなんていう字」と聞く人もいるでしょう。
大半の子どもは、お母さんが相手をしてくれるので、喜んで読む練習をします。
子どもが喜んで練習してくれれば問題がないのですが、時々4〜5歳になっても文字に興味を示さない子がいます。
また、きちんと聞いてくれなくて、いつもちょっとで終わってしまう子もいるのです。
そこで今回の裏技!
 

1.まず【あいうえお表】は郵便物でプレゼントする

あいうえお表を丸めて郵便物にするのです。
しかも、その子どもの名前宛に!
子ども宛に郵便物が届くことはすごいことなんです。子
どもも「これは大切にしなきゃ!」って思います。
それを大事そうに壁に貼って下さい。

2.「あ」から読まないで名前みつけからはじめる

ついつい「あいうえお・かきくけこ」と読んでしまいますが、読んでもあまりおもしろくありません。
それよりも本人の名前「こうたクン」の例であれば、これがこうたの「こ」「う」「た」というように文字探しから始めるのがベスト。
一文字でも読めたら誉めることも忘れないでね。

3.どうせ全部覚えるなら「あかさたな...」とも覚えよう

「あいうえお・かきくけこ」と読ませる母親は多いのですが、「あかさたな・はまやらわ」と読ませる母親は少ないはず。
実は「あいうえお表」は音の行列の表ですから、「あいうえお」を覚えたなら「あかさたな」「いきしちに」「うくすつぬ」というように、アの段、イの段、ウの段、エの段、オの段の文字列も覚えて下さい。
「う、く、す、つ、ぬ」・・これらの文字列は、長く伸ばせば必ず「う」になる文字の列ですから!

 

ワイヤーママ2006年6月号掲載

【vol26】子どもに‘言うこと’を聞かせる言葉の裏技

子どもが‘言うこと’を聞かなくて困る。
何度しかっても‘のれんに腕押し’
・・・子育てでお母さんが頭を悩ますことのひとつでしょう。
そこで裏技!
実は子どもが‘言うこと’を聞きやすいしかり方があるんです。
 

5Wの叱り方をやめて、すべて具体的に叱る

これが裏技なんです。
それでは、今まで子どもを叱った時の言葉を思いだして下さい。
こんな叱り方が多いはずです。



このような叱り方は、自分のイライラした感情をストレートに表現できる楽な言い方ですので、我々大人の日常生活はもちろん、子育ての解きにもついつい多用してしまいます。
では、具体的にどういえばいいんでしょうか。
なるべく具体的な指示言葉を入れて下さい




このくらい具体的に言うとかなり多くの言葉を使うため、叱り方も長くなり、自然ときつい言い方にならないのです。
そして、子ども本人も何を叱られたのか、どうすればいいのか、どうすべきだったかということまで学んでいけます。
素直な言葉をたくさん使って、素直に人の話を聞ける子に育てていってください。

ワイヤーママ2006年5月号掲載

【vol25】ここぞという時にしかるなら正座が一番

「早くして」「それしちゃダメ」「もうやめて」「いいかげんにして」・・子育て中は「よくこれだけできるものだ」というくらいお説教の毎日です。
母親は自分でも感心するくらい子どもをしかりますが、裏返せば「こうなって欲しい」「できればこんな子に」という心からの気持ちなのですから、ある程度はやむを得ません。
というわけで、今回紹介する「しかり方の3段階」を覚えておくと効果的です。
毎日同じでは子どもは「またか!」と思うだけですからね。

1.声のトーンをさげてゆっくり話す

「傾聴」という言葉は「人の話に耳を傾ける」という意味ですが、実は大人でも子どもでも声のトーンが少し下がったとき、なおかつそれがいつものテンポよりゆっくりだと、思わず耳を傾けてしまうことが心理学的に認められています。
つまり、「これは大事なことなんだから、きちんと聴かなくては」と体が反応するんです。
まずは声のトーンを下げ、ゆっくり話してみる・・
「○○ちゃん、これは絶対にしてはダメ」。

2.しゃがんで、子どもの目の高さで手をにぎりながら話す

子どもは立ったままでいいんですが、まず親がしゃがみます。
そして目をみながらゆっくり手をにぎるのです。
この瞬間から子どもは「何が起こるんだろうな」と感じます。
そして、手を握られると不思議と素直な体勢になるのです。
ここでゆっくりこう言ってください・・
「これは(なるべく具体的に!)してはいけないことです」。

3.最後は正座です

「ここへきちんと正座しなさい」「正座とはこうやって座ることです」。
こうういってきちんと正座をさせてください。
あまり子どもが小さいと上記の(2)の方が効果があるのですが、小学生以上はこれがベストです。
子どもは正座させられてかなり覚悟もします。
っして、親も何をどう怒るのか論理がはっきりしていないと、しかれません。
そしてはっきりと・・・「こういうこと(具体的に!)は二度と許さない」、こう言ってください。
でも本当に怒るのは2〜3ヶ月に1度ですよ。

ワイヤーママ2006年4月号掲載

<< | 2/5PAGES | >>